社会保険労務士の資格は難しいが転職に活かせる

社会保険労務士の資格を活かして転職しよう

最近、社会保険労務士の資格が脚光を浴びています。社会保険労務士とは社労士とも呼ばれます。労働関係、雇用関係、社会保障に関する法令に照らし合わせて、申請書や届け出書、報告書などを作成する仕事です。また企業内での労務管理や社会保障(社会保険)に関する仕事などもします。労働相談を受けたり、労働関係の紛争の解決を図る仕事などもあります。社会的に見ても、企業にとっても重要な役割を持つ仕事です。また働く人の味方でもあると言えるでしょう。


リクルートエージェント

社会保険労務士として転職するには、社会保険労務士の資格が必要です。社会保険労務士は労働基準法や雇用保険法といった働く人を守る法律、健康保険法や国民年金など国民の生活の保障に関する法律の知識が必要です。それらは学校ではそれほど専門には教えてくれません。そのため資格試験を受けて取得するのです。社会保険労務士の資格を取るのは難しいと言われています。俗に言う士業なので、難関資格の1つだと言えるでしょう。

社会保険労務士の資格試験を受けるには、大学卒業か短大卒業など学歴の制限があります。他にも条件があります。詳しくはこの後、説明していきますので読んでくださいね。そして資格を取って2年以上の実務経験を積むと社会保険労務士として登録されます。それからが社会保険労務士の転職活動の始まりだと言えます。

新卒よりも一度社会で働いて、資格を取ってから社会保険労務士になるという人が多いのではないでしょうか。自分も労働者としてどこかで働いてからの方が、社会保険労務士として働く場合にはいいのだと言えます。実際に社会の中で働きながら、社会の仕組みや労働者と経営者の関係、労働者の弱い立場などを理解するといいでしょう。

世の中にはいろいろな資格がありますが、社会保険労務士はニーズがあり安定して仕事があります。特に不景気な社会になると、労働問題が起こりがちです。そんな時に使命感を持って仕事ができるでしょう。一方、企業側でも雇用する立場として法律関係や届け出関係はしっかり押さえておきたいところです。そのため社会保険労務士を採用したり、外部の社会保険労務士事務所と契約したりするのです。社会保険労務士資格は一度取ってしまえば終身有効なので、早めに取得して転職活動に力を入れるといいでしょう。

社会保険労務士の資格を活かして転職しよう

社会保険労務士として転職するには

社会保険労務士として転職するにはまず資格を取ること、経験を積むこと

社会保険労務士の資格があると有利

社会保険労務士の資格があると有利、さらに語学力があるといい

社会保険労務士の仕事

社会保険労務士の仕事は労働、社会保障に関わるもの

もっと幅を広げるために

もっと幅を広げるために社労士以外の資格を取ろう

社会保険労務士の資格を活かして転職しよう

サイトマップ